60代一人暮らし 大切にしたいこと

60代一人暮らし
断捨離と節約をしながらシンプルな生活を目指し楽しいことやお気に入りの物達を綴ります

小さな夢のためのリュックと読了「贖罪の奏鳴曲」

去年は一泊旅行を二回と
日帰りの近場やハイキング


今年は3年ぶりに海外旅行へ行きたいという心積りも
昨年暮れから決まっていた初夏の上高地と
夏の東北旅行が流れてしまい^^;


go toトラベルでも
今はまだ旅行は考えていないし
この先コロナでどう生活が変わるか分かりませんが...


知らない土地へ電車にゴトゴト揺られて向かうの事がリタイア後の小さな夢♪
そこまで待たなくても小旅行はしたい^^
そんな事を考えて
去年暮れの温泉旅行の時から
欲しい物リストに書いてあるマリメッコのリュック


月初で予算もたっぷり^^
(道路工事ではないのだし
無理やり予算消化の必要はないのだけれど^^;)


買いました^^


休日の楽しみ銭湯やハイキングへ行く時のお供
キプリングのプリントリュックは
泊まりの荷物にはちょっと小さめなので


底マチが広く
容量ももう少しある
でも大き過ぎないサイズです


日常使いではないリュック
田舎道や山道を歩く時
芝生やその辺の道端にもドサっと置ける気軽さなら中古の方が良い^^


ビンボー症だから^^;
高くて新品のものは
痛まないよう
傷が付かないよう
気を使ってしまうのが分かっているから
そんな事を気にせず楽しみたい


高いものなので
中古の方が気持ちもラク^^


ヤフオクにゴマンと出ているマリメッコのバディ
いくら汚れを気にしないように中古で良いと言っても
ファスナーが壊れていたり角が破れてたり
それは論外^^;


探すとき注意するのは
使うほど痛みが分かる引手レザー
こんな風に全く使用感の無いものなら気持ちよく使えます


どこにも汚れが見当たらなくても
外も中も絞ったタオルで丁寧に拭き
自慢げに息子に見せたら
新品?と聞かれたほど^^


ヤフオクでお馴染みのブランディアで
税込4,736円と送料680円


この金額なので
生活費ではなく
いつまでもしぶとく残っていた特別給付金で
ちょうど買えました♪


ほとんど使われていないキレイなもの
なぜ売ってしまうのだろう?
でも私が引き継いで活躍させて貰います^^


キプリングのリュックはポケットが充実し
散歩や銭湯に便利
これはこれで好きだから^^
これからも使います



読了は
「贖罪の奏鳴曲」中山七里さん


冒頭の死体遺棄シーンから引き込まれました
腕の良い弁護士
御子柴礼司の少年時代の罪と贖罪
少年院の合唱会で聴いた女子寮の少女が弾くベートーベンのソナタ熱情や
担当についた教官の言葉で徐々に人間らしい感情が芽生える
罪を償うため
犯罪者でも試験に受かればなれる
人格は関係ないという弁護士を目指す


保険金殺人の裁判シーンは
弁護士の本領を発揮し緊張感に溢れ
最後には中山七里さんらしいどんでん返しが待っています
御子柴礼司のシリーズ
次作も予約しよう^^



今日の図書館と叔母の検査付き添い

図書館の返却日
予想通り2週間で長編6冊は
読みきれず^^;


2冊を延長してもらい
今日借りたのは



コメントを頂いた初読みの辻村美月さん「鍵のない夢を見る」
吉田修一さんの短編集も借りて
今までのように4冊ペースです


最近読書時間が減っているのは
Amazonプライム・ビデオを見ているから^^


昨夜観たのは「マイ・インターン」


マイ・インターン(字幕版)
マイ・インターン(字幕版)
Video On Demand


若いころのゴッドファーザーⅡも「恋に落ちて」も素敵だったけど
デ・ニーロは歳取っても
やはり素敵でした^^



そして
今日は叔母の術前CT検査に付き添いで
(人口膝関節の手術は事前に何度も検査があります)
病院へ行く事になっていたのですが
出掛けに長男が遊びに来たので
一緒に行く事になり
久しぶりに長男とお出掛け♪


叔母と息子が会うのは多分5年ぶり?
病院の付き添いでも
顔を見せた事をとても喜んでくれて


検査後の夕方半端な時間に


「かごの屋」でしゃぶしゃぶをお腹いっぱいご馳走になり♪
美味しかったです^^


なので
お腹が空いてないのに
食べなくても良いのに...
遅めの夕食は


朝食のようなトーストとリンゴでした^^;


「自分らしく、ひとりで暮らすということ」

コロナの緊急事態宣言以前
取材を受けた「自分らしく、ひとりで暮らすということ」



参加させて頂いた記事が本になり
今月30日発売になります
ちょっと先だけど
一ヶ月なんて多分あっという間^^


自分らしく、ひとりで暮らすということ
自分らしく、ひとりで暮らすということ
主婦の友社

40代から60代
仕事も部屋の間取りも違う環境の
インスタグラマーさんやブロガーさん10人の暮らし


私は他の参加された方を知らないのですが^^;
ひとり暮らしのインテリアや持ち物
もう何年も変わらない私に
新しいヒントが貰えそうな^^


それぞれ素敵な暮らしぶりを早く見てみたい


生まれて初めてのひとり暮らしから
自分でも驚いたことに^^;もう22年が過ぎ
当たり前のようにひとりで暮らしているけれど
初心者だった頃を思い出して^^


コロナ禍で思うように編集が進まず
予定より遅れ大変だったようですが
発売が待ち遠しい気持ちです^^



そして
引越し祝いで頂いてから17年半
人間なら高校生^^
元気に育っているユッカの樹の鉢に


小さな芽?が出ているのを発見♪
初めての事で
数日前に見つけた時は雑草だと思っていましたが
だんだん葉っぱの形がはっきりして^^
まさか新しいユッカのはずはなくても...
伸びてくるのが楽しみです


逆に
3年前ダイソーで買ってから
どこまで伸びるのだろうと
ベランダでスクスク伸びていたうちわサボテンは


最近
葉が少しづつ枯れ始め
茎?の先も枯れてしまったので
これ以上伸びることはなさそうです^^;
小さな葉は出ているけどいつか全部枯れてしまうのだろうか?


いつものキッチンの小窓

先週末
見切り価格200円で買った^^;
デンファレの花束は
まだまだキレイに咲いているので
(蘭は長持ちします^^)
週末でも今日は花を買ってきませんでした^^


そしてこの写真は
昨夜ブログを書き終わった後
次男が送ってくれた画像(コメントなしで画像だけ^^;)
一日遅れでも
これも記録にアップします^^
ススキに似ていますが
Googleレンズで調べたら「シロガネヨシ」というイネ科の植物で
英名から「パンパスグラス」とも呼ばれるそうです
(憶えられるかな^^;)
きれいな写真に癒されました^^
ありがとう



忘れかけていた病院予約とセリアの手帳

今日の午後は
3月に予約していた甲状腺のエコー検査でしたが
すっかり忘れていて^^;
気付いたのは一昨日の事


昨日水曜日は決まった休みだったので
まさか急に連休は出来ない...
予約時間は午後遅めの時間だったので
早退して行ってきました


半年以上前の予約は
昨年秋の健康診断の結果で
12月に念のためにという胃カメラ検査から始まり
また念のためにと大学病院を紹介されて再度の胃カメラの次は
念のためという十二指腸のCT検査があり^^;
結果十二指腸は大丈夫だったけど甲状腺に問題が見つかり
今度はエコー検査で
小さな腫瘍がある事が分かり^^;


先生からは
この程度の腫瘍なら一生気付かないまま過ぎる人が多いと言われ安心しましたが
念のため半年後再検査という事になったのが今日


何回「念のため」と言われたか憶えていない...


甲状腺の小さな腫瘍と言われても
自覚症状が何も無いのだから
忙しい普段の生活の中で
気にもとめないのは当たり前^^;?
それとも私がズボラ?


診察台のベッドで痛くも苦しくもないエコー検査は
不安もないので寝てしまいそうになり^^;
その後採血して終了


この先も何かでお世話になるかもしれない大学病院
予約を取るのも大変だし
安心したいという気持ちで^^
そして
検査は受けても
結果はまた2週間後に聞きに行きますが
今度こそ「念のため」ということがありませんように^^;



帰り道
いつものキッチンスポンジを買いにセリアへ
(最近リアル店舗は100均か食品スーパーだけのような^^;)


早々並んでいたスケジュール帳を発見し
無くならないうちにと買いました^^


パート勤めになってからは
仕事のスケジュールを書く事はなくなり
分厚い手帳ではなく
(スケジュール管理はアナログが好き)


薄くてコンパクトなセリアの手帳を何年も愛用しています
書き込む欄は毎年同じ様式なので
表紙で気分を変え


今年の素朴な花柄が気に入っているけれど毎年同じものは無く...
今日はブルー系の優しげな花の絵で^^
ふんわり気分です


月間見開きのスケジュール欄と
後ろに少しのメモページがあれば充分^^
メモページには
欲しいものリスト
行きたい所リストを書いて
時々眺めながら妄想の世界^^


手帳は1月始まりという観念も
この手帳を使い始めてから今は無くなり^^;
早速明日から使います^^


リビングカウンターに置くカレンダーも一緒に


3年前ダイソーで買った3年カレンダーはついに最後の一枚


その間元号が変わり
当然祝日も変わり
(12月23日が天皇誕生日になっている^^;)
不便な思いをしながらも
ソファーのわきに置いてボロボロになるまでお役立ちでした



今夜は中秋の名月
晴れた空に見事にぽっかり

スマホカメラでは綺麗に撮れなかったけど^^;
記憶の一枚^^


LIXILの情報誌取材と読了「老後の資金がありません」

住宅設備メーカーLIXILさん発行のフリー生活情報誌レ・マドリ
今日は取材撮影がありました^^



今週は毎日お天気が良く
開け放した窓から秋の気持ち良い風が通り抜け
気分も上がり^^


見本で頂きました
素敵なお宅の写真に魅入ってしまい^^;


ライターさんもカメラマンさんも
気さくで話しやすく笑いもたくさん^^
麦茶を何杯もおかわりしながら
ひとりで喋りっぱなしのインタビューと撮影で


余韻が残る楽しい時間を過ごさせて頂きました♪
写真をたくさん撮って頂いたので^^
発行されたら(多分12月頃?)また書きます



お土産に頂いた
中秋の名月に因んだウサギのパッケージに


日本橋屋長兵衛の秋のお菓子詰め合わせ^^
毎日少しずつ楽しみます♪
ありがとうございました


もう一つ



カメラの後藤さんが毎年出しているという来年のカレンダーも頂きました
城ではなく城壁というのがレアでマニアック^^


眺めているとあちこち行きたくなってしまう...
12月になったら部屋に飾ります^^



読了は


久しぶりに読んだ
大好きな垣谷美雨さん「老後の資金がありません」
大まかな内容は覚えていましたが
再読です^^


二人の子供達を大学まで出し
老後資金も長い間の節約で1,200万円を貯め
やっと自由を謳歌しようとした篤子に
見栄をはった結婚相手のためにかかってしまった
娘の結婚式費用や
舅のお葬式にかかった
葬儀社の訳の分からない出費


パートをリストラされ
(篤子と同じ57歳の時ハローワークに通ったことを思い出しました^^;)
夫もリストラ
次々に起きる身につまされる出来事も暗さを感じずに
テンポが良くスラスラ読め


篤子の気持ちも
友人サツキさんや
義姉との会話
夫の行動にも
ユーモアたっぷりリアルで共感出来る^^


お金が掛かる豪華な老人ホームを退去し
篤子一家と同居することになった元お嬢様のお姑さんが思いがけず素敵で
最後は明るく読後感はほのぼのした気持ちになりました^^