60代一人暮らし 大切にしたいこと

60代一人暮らし
断捨離と節約をしながらシンプルな生活を目指し楽しいことやお気に入りの物達を綴ります

今日の図書館と年金支給始まりました

図書館返却日で借りてきたのは


辻村深月さんの「スロウハウスの神様」上下


夕方から早速読みはじめましたが
芸術家の卵の若者群像劇
これから何か起きるのだろうと
面白そうです^^


そして
2月の誕生日から待っていた
先週届いた
厚生労働大臣発の年金決定通知書


支給は今月から?いつからだろうと思っていたのに
ここ数日バタバタしていて頭から抜けていましたが...
ネットバンキングを確認し
振り込まれていました^^
遡っての偶数月支給2.3月分
これからこの年金を生活費にしていくので^^
月末に口座から引き出します



そして
今日あたり来るだろうと予感通り
長男が来た昼食は


数日前誕生日だったので
毎年作るピーマンの肉詰めと
好物のアサリの酒蒸し
ムゲンきゅうりを作り満腹^^


食べ歩きが好きな息子の美味しかったお店の話や
欲しい車
大好きな竹野内豊さんの新ドラマなど
取り留めのない雑談をしながら過ごしました^^


新刊の見本と喪服問題


「58歳から日々を大切に小さく暮らす」で
お世話になったすばる舎さんから


「ひとり暮らし月15万円以下で楽しく暮らす」
見本誌が届きました



三省堂書店の名古屋本店様では
先行発売で
大きな展開をしていただいています^^


「充実の条件は、お金じゃない。」
20代から40代若い人たちの
お金をかけず
でも一人ひとりがゆたかな気持ちで楽しく暮らしている様子に
興味深々で
早速読ませていただきました♪
最後に番外編?
私のページもあり


この年代の頃
老後のことも貯金も考えず
のんきに暮らしていたのとは全く違う
時代の流れで
こんな風に生活が変わっていくのだなとシミジミ...


今の若い人たちの
しっかり将来を見つめた暮らしに
今からでも参考になることがある気がして


誰でも試行錯誤しながら
自分らしい生き方暮らしを手に入れれば
あとは何か困難にぶつかっても
楽しい気持ちで毎日を過ごすことができるのだなと
改めて思いました^^


一億総中流と言われた
高度成長期に育った私の年代と
今の格差社会
世代の違いで価値観が大きく変わっている事を感じたのも興味深いことでした


最後に登場したショコラのページは


部屋の写真が今までにない
照明が綺麗なカットも撮っていただき
この本も大切な一冊になりました^^



そして
ある程度覚悟していても急なことで
母の二番目の兄である96歳の伯父が亡くなり
昨日の通夜と今日はお葬式に
この時期という事もあり3密を避けた会食のない
家族葬に近い身内だけの葬儀
都内東部の比較的近い住まいなので母の代理として参列してきました


しっかりした90歳の奥さんや3人の子供達(従姉妹)に見守られ
色々あった人生かもしれませんが
最後に幸せな一生だったのではと思える式でした



気になったのは
知らせを受けクローゼットの奥から引っ張り出した喪服
13年前に父が亡くなった時
買い替えた時のものです
半袖ワンピースに短めジャケットの通年使えるよくあるデザイン
正装のブラックフォーマル


年数がたった法事では平服に近い黒を着用することが多く
最後にこの喪服を着たのは
義妹のお母様が亡くなった時だからもう何年も経っていて
予想通りワンピースのお腹腰回りがピチピチ^^;


靴も20年前
営業の仕事で履いてた無難なベルトパンプスを
まだ履けるので仏用にしていますが


今時スクェアトウの靴自体足を隠したくなるのに^^;
中敷は色褪せたロゴ
買い替えなければと思いながら忘れていた靴
お寺で脱いだときに恥ずかしかった...


誰も気に留めてないとしても
自分が気にしてるから


忘れないうちに
帰りにダイソーで中敷を買い


敷いてみたら
あれ、これなら大丈夫ではないか?と思い直し^^
質の良いレザーはまだきれいで
スニーカーに慣れた足は
甲にベルトがある靴の安定感は頼もしいから
スクエアデザインはレトロと割り切って^^;


新しく買う事は考えず
これからも使おうと
きれいに磨いて仕舞いました^^


必要に迫られた時の喪服と靴
新調しなければと思いつつ
終わってしまえば忘れてしまう物


必ず用意していたい喪服は
着用回数が少ない服だから何年も何十年先にも着られるように
ゆっくり慎重に選ぶためにも
欲しいものリストに書いておきました^^;



春のワンピース

2月にレザージャケットを買って以来
久しぶりに服を買いました^^


GWが近づき
仕事が後から後から押し寄せる今週は
平日休みが取れず^^;
3日目ですでに疲れていた今日届き♪


去年まで着ていた服で毎日過ごせてはいるものの
やはり
春から初夏の新しい季節には
新しい服が欲しくなります


もう半袖を用意する季節だけど
季節を先取りする服を買っていた若い頃と違い...
すぐに着られる服^^


シワを気にせずザブザブ洗える
多少の気温の変化にも対応する便利なデニム素材か
ブルー系コットンストライプの
着やすいワンピースを探していましたが
大人にも違和感のない
デニムワンピースはなかなか見つからず


メルカリで見つけた
インディゴに細い白のヒッコリーストライプは褪せた加工で柔らかい生地
若者向き?ブランド45rpmのもの
かなりお得に買えました^^


衿開きがスッキリVに切り込み(ペンダントがちゃんと見えます^^)
ゆとりある身頃にローウエストの切り替えで
ストンと落ちる広がらないシルエット
ポケットも付いて着やすそう^^


去年買った厚手リネンの生成り色ワンピースと形が似ていて^^
ポッコリお腹が目立たない^^;
こんなシルエットが好きです


今日の大雨で通勤に着たのは


濡れても平気で便利なポリエステル
これに簡易レインコートを羽織り
レインブーツでした


一枚でサッと着られるワンピースが増えて
今から初夏まで
そして秋にも役立ちそうです^^


100均のスポンジあれこれと読了「本日は大安なり」

地元にはないセリアで
いつものキッチンスポンジの他に


テレビを見て気になっていた
バススポンジと
近くのキャンドゥで吸水スポンジを買いました^^


キッチンシンク内の水ハネを拭き取るなんて
習慣もなく^^;
ステンレスは曇ってしまったけど
今からでもちゃんと吸水スポンジを使おうと


バスルームのガラスにこびりついた水垢も
以前必死に磨いてやっと少しはきれいになったので
今はボロタオルやダイソーのスクイザーで水滴を拭いています
これも吸水スポンジならラクだろうと思い2つ買ってきましたが


結果


バススポンジはバーに引っ掛けるだけの手軽さ
小さめで少々ヤワな感じは消耗が激しいかもしれないけれど^^;
毎日の掃除は浴槽の内側を洗うだけだし
スポンジの置き場をあれこれ試行錯誤していたので
このアイデアはめんどくさがりの私にはいい感じ^^


毎日掃除はしない小物や床や壁は
別のニトリのスポンジがあり
これは小さな紐をS字フックに掛けています


吸水スポンジは


雲型の見た目は可愛くても小さ過ぎ
特殊な素材もなんだか硬く
やはりふきんやタオルの方が使いやすいから


2つも買ったのに失敗かも...
買ったからには使いますがすぐに捨ててしまいそう^^;
100均だったとしても買わずに
あるモノで間に合わせるべきでした


それにしても
シンクの内側って洗い物が済んだら毎回拭くものなのか
今更ながらこの歳で疑問に思います



読了は辻村深月さん
「本日は大安なり」


大安の一日
老舗ホテルの結婚式場で行われる4組の結婚式と
それに関わるウエディングプランナーの物語
結婚式当日だけが舞台の小説は珍しい?
各式場の登場人物が次々と語っていくので最初は混乱しましたが


こじれた性格の双子姉妹と更にこじれた新郎の式
叔母の結婚に立ち会う正義感溢れた小学生の真空君が参加する式
わがままなクレーマーの新婦の式
訳ありの新郎の式


それぞれの事情を抱えながら
当日結婚式を迎える心理が細やかな描写で
何やら不穏な結末になりそうな予感があったので
結末を知りたくて一気読みでしたが
ホロリとしたり
最後はほのぼの^^
ウェディングプランナーの山井さん
プロに徹して素敵でした


辻村深月さん
少しお休みしてたけどまた読んでみよう^^


帰宅後おやつ

まるごとバナナ半分と苺にアイスコーヒー^^
今日は急遽会社が3時終わりだったのでいつもより早い帰宅
明るい夕方の時間のんびりしました^^



ママチャリ散歩で久しぶりの銭湯へ

一週間前
アキレス腱の手術で入院した元夫の
今度は退院に付き添った息子たち
(なにかあったらこうして連絡を取り合い
二人揃って協力することは私の願いだったので嬉しいことです^^)


お昼過ぎ
元実家から今日は一人で次男が来て
銭湯へ行こうということになり^^


ひとりでゆっくり寛ぐ町の銭湯で
コロナが感染するとは思っていないけれど^^;
自分なりの線引きをしていた
半年間控えていたお楽しみ^^


良いお天気のママチャリ日和だから
銭湯を目的に
あちこちまわり道をしながら景色を楽しみ走って来ました


早くも咲き始めた藤の花や


青々とした土手と


風のない穏やかな川面を眺めながら


スカイツリーに向かい


曳舟の昭和レトロな喫茶店で


ホットサンドで軽く昼食を食べ


窓から見える東武線のホームをぼんやり眺めたあと


住宅街のジャスミンの香りに癒され^^


白鬚橋から隅田川を渡り



土手沿いの公園に満開の八重桜


更に走り荒川の土手の公園で



色とりどり満開のチューリップとパンジー


鯉のぼりを見るのは何年ぶり?


ソメイヨシノは終わっても
次々と咲いている春の花は明るい気持ちになれます^^



今日のゴールは



お気に入りの足立区にある曙湯
(かなり走りました^^;)


オープン間もない早い時間
「銭湯女子」が流行っているらしいけど
こんな都内の端っこは
近所の常連らしいおばあさんが5人いただけ


(画像お借りしました)
ここの露天風呂は小さめですが
岩に囲まれた落ち着いた空間で青空を眺めながら
今日も独り占め^^
ちょっと熱めだったので水風呂と交互にエンドレスで浸かり^^;
ジェットバスも寝風呂も...
お疲れ気味の体も心もザーッと流して^^
お湯を堪能してきました♪


お腹がすいたまだ明るい時間の夕食は


ラーメン屋さんらしくない和風の店構え
「かみの屋」さんで


煮卵をトッピングした
シンプルなのにクセになる美味しい中華そばで幸せ^^


日が延びてきた穏やかな夕暮れの中
また延々と自転車で帰ってきました


家に着いたときはもう暗かったですが
お風呂も夕飯も済ませてきたあとは
のんびり寛ぐだけの土曜の夜です^^