60代一人暮らし 大切にしたいこと

60代一人暮らし
断捨離と節約をしながらシンプルな生活を目指し楽しいことやお気に入りの物達を綴ります

扇風機と近所に友人がいる事のありがたさ

しばらく使っていないのに
目に入っているのに
何も感じていなかった扇風機
やっと片付けました^^



廊下にある飾り棚は
変形の間取りなのであまり入りませんが
小さくても便利な収納棚
物置がわりの下段から荷物を取り出し


10年近く前
ホームセンターで3,000円程だった扇風機
シンプルな作りのものは壊れる心配はほぼ無く多分一生モノ^^
簡単な作りだから
分解してパーツを洗い


来年夏まで使わないので
一番奥に置いて
(カバーはゴミ袋^^)


なんとか詰め込み
灯油ストーブがはみ出していますが
多分すぐに出すので気にしない^^;


カバーで目隠し^^



足元が寒い時に使うため
小さな電気ストーブをソファー脇に押し込んで
スッキリしました^^


夕方から
一昨日の約束通り
いつものジョナサンで近所の友人とドリンクバーでおしゃべり^^
幼稚園時代のママ友グループが居て挨拶し
ここに来ると必ず何十年も前の知り合いがいます^^;


少し早いけど
ついでに晩ご飯も食べちゃおうという事で


緑黄色野菜のドリア♪
グラタンやドリアは一人暮らしでは面倒で作らないから...
外食で食べます^^


横浜に住む
月に一度はランチや散歩でお喋りがはずむ高校時代の友人達とは
LINEのやりとりはしてても
会ったのは2月が最後


去年は断捨離応援に隔月で通った
千葉の親友も今年は会っていない


家族よりも打ち解けて
なんでも話せる友人という存在


いつ収束するかわからないコロナ禍で
会おうと思えば会えるのだけど
タイミングが分からずに...


その中で近所に住みすぐに会える
30年以上の間
お互い困ったときは相談にのり
助け合ってきた友人がいる事は大切な宝物です^^


今日の図書館と読了「鍵のない夢を見る」

10月とは思えない寒さと雨の中
毛布に包まって撮り溜めたビデオをゴロゴロ見た後
図書館へ返却に行って来ました


借りたのは


今回も吉田修一さんと中山七里さん^^
予約待ち無しの3冊と


予約の順番が回って来た2冊
吉田修一さん「日曜日たち」
辻村深月さん「朝が来る」
5冊になってしまったけど
どれも早く読みたい作品ばかりで♪
どれから読もうか...


図書館のブックシャワーは習慣になりつつあります^^


読了は
読書さんのコメントから
初読みの辻村深月さん


「鍵のない夢を見る」


5人の女性が主人公の短編集
犯罪とは言えないような
黒ではなく曖昧なグレーな出来事を
都会ではなく閉鎖的な地方を舞台に描かれ


若い女性の心理は
この年齢になると忘れてしまったのか
通り過ぎてしまったのか^^;
共感は出来なかったけれど
そこに到達する迄の
言葉にするのが難しい感情が引き込まれる心理描写で
精神のホラー小説のようで面白かったです


最後の
「君本家の誘拐」は0歳児を年子で育てている時の事を鮮明に思い出し...


大変な事もたくさんあったけれど
義父やお隣には義姉が居た事は
恵まれていたんだと実感しました^^


3年目の着る毛布と歯のメンテナンス

今月に入ってから毎日気温の変化が大きく
朝は寒いくらいで
汗をかかなくなったのは嬉しいけど^^;


昨夜は早くも
ニトリの着る毛布を引っ張り出しました



コロナ以降
買う物もないのでニトリには全く行ってないから
今年の様子は分かりませんが
これは2年前に買って大正解だったもの^^


クッションにも使えるカバーに収納しています


サクッと折りたたんで
ソファーの背にかけこれが定位置^^


今朝は起きた後すぐ羽織り
もう少し寒くなったら
ガウンのように部屋着に羽織り
入浴後にも羽織り
ストーブの節約にもなります


真冬になったら着たまま眠れば
羽毛布団だけでも充分暖かく


ソファーにゴロ寝の時は
普通の毛布としてフワッと掛け


軽いポリエステルなので
洗濯しても乾きが早いから
洗い替えも要らず
これから春まで毎日大活躍です^^


なのに...
扇風機が出しっぱなし^^;



帰宅後は予約してあった
3か月ぶりの歯のクリーニング
一時間以上たっぷりと
歯周ポケットの深さを測り(結構深い場所がある)
歯石をとってもらい糸を通し
丁寧な歯磨きとフッ素で
お会計は3,590円


ポイントが貯まったそうで


歯ブラシをもらって来ました^^
予約日と時間だけしか見ていなかったので...
歯医者さんにポイントがあるなんて気づかず
ちょっと嬉しい♪


今月は予約してあった病院や
健康診断のオプション検査(これは14,500円もかかったので予備費から出しました)
医療費が嵩んでいます^^;
まだこの後
甲状腺専門病院の予約もする予定なので


普段健康でも
歳と共に生活費では賄いきれない
こんな医療費がかかって行くのだろう^^;


そして
歯医者さんへ行こうと
通りに出たところで近所の友人とバッタリ^^
歩きながらのおしゃべりはほんの10分足らずで話も途中


続きのおしゃべりをする為に
日曜日にお茶する約束をして来ました^^


甲状腺エコー検査の結果と出版社の取材

半年間様子を見た後の
甲状腺エコー検査
結果を聞きに行ってきました^^


腫瘍の大きさはほぼ変わっていないそうですが
少し大きめなのが心配で
エコー画像では読みきれないものもあり
もし私が80歳ならこのまま放っておいてもいいけど^^;
という先生の言葉で
またまた念のために
今度は細胞の検査をする事になりました
(針を刺して細胞をとるというちょっと恐い...)
大学病院は順番待ちでかなり先になるそうなので
甲状腺専門の病院を紹介されましたが
自覚症状が無く


腫瘍を知らないまま一生過ごす人も多いと言っても
分かってしまったからには
放っておくのはやはり不安^^;


新しい病院で
また一から出直しです...


元々は胃カメラ検査から始まった
甲状腺の検査
これも自覚症状は無くても
年に一度は受診したい胃カメラも
(職場の健康診断はバリウムなので^^;)
この先予約を取って受診する必要があります


病気とは無縁で生きてきたはずでも
健康である事を実感するためにも
自分の体の弱いところは先生の一言が必要になります


コロナ禍で
緊急を要する患者さん以外が少ないのか
大学病院の待ち時間も冬の頃より短くなったような^^;



終わった後の遅めの昼食は


ドトールでミラノサンドB^^
平日午後のオフィス街
久しぶりのドトールは
営業時代の外回りを思い出す懐かしさ
変わったのは
コロナ対策で大テーブルの正面も両脇にもガラスの仕切り^^;


色づき始めたイチョウの樹を眺めたりぶらぶら歩き
病院帰りだというのに
ノンキです^^;


そして
出版社の方と打ち合わせの約束があったので
銀座へ移動し


取材のやり取りをしながら


休憩時間に用意して頂いた
初めて食べる緑花堂のシュークリームは
サクサクのシューも
甘すぎずコクのあるカスタードクリームも
絶妙な美味しさ♪
ごちそうさまでした^^


午前中
病院へ行ったことなどすっかり抜けてしまったほど^^;
楽しいおしゃべりの時間を過ごしてきました


今の自分を作ってきた歴史を振り返るような取材
次回も楽しみです♪



読了「太陽は動かない」

読み始めは苦手な分野かなと思っていたのに
読み進めるうちにどんどん止められなくなってきて
やはり吉田修一さんは面白く
こんな作品もあるんだ、と更に好きになってしまいました^^



産業スパイという
「情報」の売買や駆け引き
日本と中国、他国を巻き込みスケールの大きな展開は
007の映画を観ているような心持ちになるなかで
主人公鷹野の子供時代は切なく
仲間の田岡や正体不明の美女AYAKO
香港のスパイディビット・キムの存在も魅力的だったので
シリーズ全部読みたい^^と


早速
「森は知っている」図書館に予約しました^^



一気読みした短編集
「女たちは二度遊ぶ」


どの作品も主人公は
横道世之介のように多分ご本人の若い頃がモチーフ?
個性的でどこかダメな部分がある
だから印象に残り
忘れていてもある時フッと思い出す女性の存在
自分にない部分
どの女たちにも憧れてしまい^^;


二作品は全く違う作風なのも
魅力的でした



そして

雑草では無いと気付いてから


10日経った鉢の中
この葉は紛れもなくユッカ?♪
18年目にして新芽です^^